小樽の塩に関して

小樽の地に「小樽海水塩研究所」を立ち上げ、食塩の製造販売を始めました。小樽の海水を用いて、釜による手作りの塩を作っていきます。小樽の海の恵みをそのまま残し、豊富なミネラル成分も取り除くことなく「小樽の塩」に仕上げました。北海道の幸を「小樽の塩」で一度食べてみませんか。素材の味を生かして美味しくいただけます。

製法

小樽の海水を採り、まずは10ミクロンフィルターに通して細かい異物も除去します。この海水を蒸発釜に汲み、釜より水分を飛ばしていきます。完全釜炊き塩です。水分を蒸発させた塩を、仕上げ釜に移し、丁寧に加熱攪拌を行い、じっくりと「小樽の塩」に仕上げていきます。見掛けが粉末顆粒状であり、雪に似ていることより「粉雪」と名付けました。

  • 小樽の塩の特徴

    にがりも含めて製品化し、食塩成分以外のミネラル成分が通常の食塩に比べて多くなっています。また、仕上げ工程で丁寧に加熱攪拌処理を行っており、にがり成分を含んでもまろやかで、甘みや酸味を含んだ込み入った味に仕上げています。辛味もマイルドです。

  • facebookとブログも更新しております。 facebookはこちらです。
    小樽の塩のblog

    連絡先